糖質制限はじめました!③ おススメの本

子供の食事

どーも!パート主婦です(^^♪

只今、糖質制限のお話を進めてますが

今回は糖質オフ生活を私が始めるにあたって

って言うか 始めちゃってから

読んだ本をご紹介します!!

 

けっこう沢山読んでますがその中でも

為になってなるほど!って思って解りやすかった本です。

 

最初に読んだ本を紹介しましたが

続けてご紹介しますねー(^O^)

 

最初の本の記事はこちら

↓↓↓

 

 

それでは 行きまーす(^^)/

 

こちらはタイトルがハッとしますよねー。
私はガンになってから肉を食べると言うよりか
ガンにならないために栄養をしっかり取るって受け取りました。
近くに、ご本人やお子さんなどガンの家系の友達がいるんですが
この本を読んでって渡しました。
お肉ばっかり食べられないって言う人がほとんどですが
身体が丈夫でない人は薬だと思って
栄養をしっかり取ってほしいって思いました。

病院の先生が書かれている本です。
今の高齢者の方は「血糖値が…」「糖尿が…」って
言う方がほとんどです。
私も年を取ったら当たり前のように思ってましたが
なぜ糖尿病の患者が多いのか?医療技術は進んでいるのに
防ぐことができないのか?どうすればいいのか?
江部先生の本はたくさんありますが
どれを取っても大変わかりやすく書かれています。

産婦人科の先生が書かれている本です。
「ケトン体」って聞きなれない方も多いかと思いますが
新生児のケトン体の数値は4000くらいなのに
大人になると100くらいになります。
赤ちゃんの生後半年くらいは母親の免疫があるから
病気にならないっていいますよね?それこそケトン体が高い
おかげだと思います。
大人になるとケトン体数値が高いと病気だと言われて
病院では薬を出されるそうです。
そもそもケトン体数値の高い大人は珍しいと思いますが。
私も子供を産む頃にこの本と出会っていたなら…
って思います。

 

おにぎりとうどんで子育てしてしまったーーー!

失敗したーーー!!(;一_一)

 

職場に血糖値が高く「妊娠中毒症」って言われた子がいたので
この本を渡しました。

こちらの本もわかりやすいです。
そもそも私は小難しい本は続きませんので
私が最後まで読めた本は全部やさしいです(*^^*)

私が本を読み漁っていたのは4年も前で

いいと思った本は人にあげたりしてるので
まだまだ思い出せばあるはずですが。

 

とにかく著者の先生が皆同じくして
言われているのが糖質はいらないから
タンパク質や脂質などの栄養をしっかり取るってことです。

 

現代人は栄養不足と昔、何かで聞いて
こんなに食べ物があるのに何の事だろうと
思ってましたが
糖質制限を勉強してやっと気が付きました。

実際、私がこのような生活を4年間もしてきて
良いことしかありません。

そして食を見つめると ちまたにある食品がどんなに
身体に悪いかも感じる様になりました。

それはまた次で書いていこうと思います。

 

それでは またっ! (^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました